敏感肌

敏感肌

敏感肌の方は、化粧品選びが慎重になります。ファンデーション、クレンジング、日焼け止めなど敏感肌用化粧品もあります。

スポンサード リンク
敏感肌・乾燥肌のスキンケアブランド ディセンシア

敏感肌の化粧品選び

敏感肌の方は、化粧品選びが大変です。

これはいいよとすすめられて試してみても、すぐに肌がヒリヒリしたり赤くなったりしていまうからです。
他の人にはいい化粧品でも、敏感肌の人にとってはそうではないのです。
しばらく使って何もなくても、急にヒリヒリしてきたりする時もあり、そのガッカリ感はたまりません。
その分、費用も無駄になってしまうという事ですからね。

逆に敏感肌の人は、これは自分に合う化粧品をみつけたら、もう、他の化粧品を試すのも怖いので、その化粧品にすがるしかないとも言えますね。

たとえ敏感肌用化粧品だとしても、やはり合う合わないがあります。

そういった事で、敏感肌の方は、化粧品選びがどうしても慎重になってしまいます。
なので、お試しセットや、お試し期間があって、合わない場合全額返金などのシステムがあると助かりますね。

敏感肌用化粧品

敏感肌用化粧品も最近ではよく見るようになってきました。
これは敏感肌の人にとっては嬉しいことです。

最近ディセンシアという乾燥性敏感肌用化粧品が注目されているそうです。
ポーラオルビスグループから出ています。

コチラ>>>乾燥肌、敏感肌のスキンケアブランドdecencia


以前、別の敏感肌用化粧品を使っていて、しばらくは問題無かったのですが、後からヒリヒリ感がするようになった事があったので、化粧品に関して評判通り鵜呑みにするわけにもいけません。

ディセンシアには初回限定セットがあるようですので、興味のある方は試してみるといいですね。

クレンジング、ソープ、ローション、クリームのセットです。

おまけに包む「フェイスマスク」「洗顔ネット」も付いて、送料手数料無料、30日以内返品・交換OKだそうです。

返品出来るのは、敏感肌の人にとっては嬉しいですね。

敏感肌のファンデーション

敏感肌・乾燥肌のスキンケアブランド ディセンシア

敏感肌の人でも、ファンデーションで、くすみやシミ、そばかすなど隠したいですよね。
でも、気をつけないと肌に刺激を与えて返って肌トラブルを作ってしまいそうで、怖いですよね。

ファンデーションの形態には、油性ファンデーション、リキッドファンデーション、クリームファンデーション(水溶性、油性)、ケーキ型ファンデーション、パウダーファンデーション、粉おしろい(水性)などあります。

パウダータイプだと乾燥するイメージがあって、敏感肌の人は、クリームタイプやリキッドタイプを選ぶ傾向があるようです。

しかし、クリームタイプやリキッドタイプは、粉状の顔料を液体になじませるために、乳化剤という界面活性剤を多く使用しています。
合成の界面活性剤だと、肌に刺激やダメージを与える可能性が高くなりますので、敏感肌の人は、パウダーファンデーションか粉おしろいなど、界面活性剤が少なめや、入っていなかったりするファンデーションがおすすめです。

敏感肌のクレンジング

敏感肌のクレンジングには、注意が必要です。
クレンジングは肌に刺激を与える界面活性剤が不可欠だからです。
敏感肌の人は洗い流せるクリームタイプのものが一番適しているでしょう。
クレンジングの時間も手早く済ませましょう。

<敏感肌のクレンジング方法>

まず手を洗い、クレンジングを手にとり、体温で軽くあたためましょう。
油汚れとなじみやすなり、クレンジングを短時間で終わらせる事が出来ます。

あたたまったクレンジングをメイクになじませるようにやさしく顔にのせていきます。
この時、ごしごしこすらず、スッとなじませる感じでマッサージします。

顔のメイクとクレンジングがなじんできたら、ぬるま湯で丁寧にしっかりとすすぎましょう。


敏感肌・乾燥肌のスキンケアブランド ディセンシア
敏感肌 トップへ戻る